ブログ開設・ネット情報

【WordPress】コピーガード防止プラグイン「WP-CopyProtect」使い方と設定方法【テキストコピペ禁止ツール】

コピー防止プラグインサムネ

こちらの記事では、ワードプレス記事内のテキスト文言をコピーを出来ないように防止する、おすすめコピーガードプラグインの使い方や設定を紹介しています。

コピー防止プラグイン

「WP-CopyProtect」

もざいk

WP-CopyProtectは、項目を選択するだけで簡単にコピー防止できるプラグインです。ブログ初心者の方にもおすすめなので、ぜひ導入してみて下さい。

 

ダウンロード手順

メニューバーのプラグインを選択

コピ防止

最初にワードプレスの右側にある、メニューバー内の「プラグイン」をクリックしましょう。

 

左上の新規追加をクリック

コピ防止2

プラグインクリック後は、左上の新規追加をクリックしましょう。
※環境によって配置が違う可能性あります。

 

右上の検索に「WP-CopyProtect」を入力

けんs

新規追加をクリック後は、右上に表示された検索スペースに「WP-CopyProtect」と入力しましょう。

 

WP-CopyProtectをインストール

コピ防止3

表示された「WP-CopyProtect」をインストール後は、有効化をクリックさせて反映させましょう。

更新日が古いですが、今現在(2021/09/02)問題なく作動しております。

 

WP-CopyProtectの設定

WP-CopyProtectバーを選択

コピ防止4

WP-CopyProtectをインストールすると、ダッシュボードの下辺り(入れているプラグインで前後)に配置されているのでクリックして開きましょう。

 

WP-CopyProtectの各種設定

▼Disable right mouse click

「Disable right mouse click」は右クリックの禁止するか、禁止する場合はメッセージを出すか設定出来ます。

  • 1:Do not disable right click
    右クリックを禁止しない
  • 2:Disable right click and do no show any message
    右クリックを禁止する・メッセージは表示しない
  • 3:Disable right click and show message
    右クリックを禁止する・メッセージを表示する

おすすめは2番です。

コピーを故意で行おうとした人に、何か言いたかったり煽りたい気持ちは分かりますが、間違って押す人などもいます。

 

▼Disable text selection

「Disable text selection」はテキストの選択を禁止出来る設定です。

こちらは簡易なテキストコピーを防止出来るのでチェックを入れておきましょう。

 

▼Display protection information

「Display protection information」は、「ここのサイトはコピーガードによって守られている」という内容を見に来た人に教えるかの設定です。

特に教える必要もないと思うのでチェックは無しで大丈夫です。

 

▼User Setting

「User Setting」は、上記で設定した内容を誰に適用するかの設定になります。こちらは1番の「管理者を除外」を選びましょう。

  • 1:Exclude admin users
    管理者を除外する
  • 2:Exclude all logged-in users
    ログインしているユーザーを除外する
  • 3:Apply settings to all users
    すべてのユーザーに適用する

 

▼Save Setting

「Save Setting」をクリックすると、上記全ての設定内容を保存できます。

 

ブログ関連記事

ネット情報の記事一覧

ブログ情報
ブログは稼げる?  
レンタルサーバー
人気のおすすめ
レンタルサーバー
SSL化 (https変更方法)
テーマ
おすすめのテーマ テーマ選び(ジャンル)
アフィリエイト広告
アフィリエイトASP 10選 Amazonアソシエイト
人気マッチングアプリ  
Google AdSense
アドセンス合格方法 アドセンス設置場所
運営者ID「pub」確認 ドメイン取得方法
クリック単価の施策  
Googleアナリティクス
複数サイト管理・削除 UAに戻す方法
プラグイン・CSS
コピーガード コピーガード


-ブログ開設・ネット情報
-

ブックマークお願いします♪