配信機材・サイト

【ゲーム配信】おすすめのゲーミングヘッドセット8選|実況用の人気ランキングと安い・高いヘッドホンの違い

ゲーム実況配信における、おすすめのゲーミングヘッドセットを8種類紹介しています。ヘッドホンの機種を選ぶ時のポイントや人気ランキング、価格による性能の違いなども解説しているので、ヘッドフォン選びでどれにするか迷っている方は参考にしてください。

おすすめのヘッドセット8選

1、Logicool G PRO X G-PHS-004WL

接続形式 ワイヤレス
ワイヤレス範囲 最長15m
周波数特性 20Hz~20kHz
感度 91.7dB
インピーダンス 32Ω
マイクの有無 有り
重量 370g
参考価格 22,200円

「Logicool G PRO X G-PHS-004WL」は、プロが8時間連続でトレーニングをするような時に使用され、快適に使えるようにヘッドパッドとイヤーパットは形状記憶フォームを採用しており、優れた耐久性を誇るスチールアルミ構造で作られています。

また、Logicool G 史上最高峰のワイヤレステクノロジー LIGHTSPEEDが搭載されているので、無線による信号遅延や干渉を感じることがありません。

 

2、Logicool Gヘッドセット G733-BK

接続形式 ワイヤレス・コード
ワイヤレス範囲 最長20メートル
周波数特性 20 Hz~20 kHz
感度 87.5 dB
インピーダンス 39Ω
マイクの有無 有り
重量 278g
参考価格 15,900円

「Logicool Gヘッドセット G733-BK」は、初のLIGHTSPEEDワイヤレス搭載ゲーミングヘッドセットで配信者向けに作られた超軽量ヘッドホンです。

特徴として「40mm PRO-G オーディオドライバー」による、遅延無しワイヤレストランスミッションと7,1chサラウンドサウンドが搭載されており、まるで自分がその場にいるかのような臨場感を体験できる設計になっています。

 

3、Logicool G G933s

接続形式 ワイヤレス・コード
ワイヤレス範囲 最長15メートル
周波数特性 20Hz~20kHz
感度 93dB
インピーダンス
39Ω
マイクの有無 有り
重量 379g
参考価格 13,080円

「Logicool G G933s」は、ゲーマー向けワイヤレスマウスで実績のある、2.4GHz帯のワイヤレスヘッドセットで最大12時間の連続プレイ可能です。また、約1,680万⾊のライトがゲーム内のアクションと同期しており鮮やかな演出が可能です。

 

4、Razer Thresher 7.1ch R3M1

接続形式 ワイヤレス・コード
ワイヤレス範囲 最長12メートル
周波数特性 12Hz~28kHz
インピーダンス
32Ω
マイクの有無 有り
重量 278g
参考価格 12,324円

「レイザー Thresher 7.1ch」は、レザーレット素材のライニングと軽量な低反発フォーム製のイヤークッションを使用しており、頭部にピッタリと収まるように設計されています。

さらに内蔵型コントロール ボタンや、格納式デジタル マイクにより、白熱した戦いの真っ只中でもマイク音量とマスター音量をすばやく簡単に調整できます。

 

5、ASTRO A40TR + MixAmp Pro TR

接続形式 ワイヤレス・コード
ワイヤレス範囲 最長20メートル
周波数特性 20 Hz~20 kHz
インピーダンス
48Ω
マイクの有無 有り
重量 369g
参考価格 24,490円

「アストロ A40TR + MixAmp Pro TR」は、eスポーツアスリートの協力を得て開発された、プロゲーマーから、ただ純粋にPS5を楽しみたい方におすすめのヘッドセットです。ミックスアンプも同梱されており音に拘りたい方に人気のある機種です。

また、音質は「ASTRO AUDIO V2」を採用しており、疲労感を生まない高音、クリアな中音、歪みのない重低音とバランスが取れた臨場感あるオーディオを実現しています。

 

6、ASTRO A50+ ベースステーション

接続形式 ワイヤレス・コード
ワイヤレス範囲 最長9メートル
周波数特性 20 Hz~20 kHz
感度 118dB
マイクの有無 有り
重量 380g
参考価格 27,755円

「アストロ A50 + ベースステーション」は、プロゲーマーやゲームデザイナー達と共同開発されたPRO仕様で直感的な操作を実現した設計です。充電においては、ケーブルを刺したりせずに、ベースステーションの上に設置するだけで可能です。

レシーバーとなるベースステーションは、アストロ人気No1のMixampを搭載されており、音の調整はもちろん、サラウンドサウンドも実現しています。

 

7、KINGSTAR ノイズキャンセリング

接続形式 ワイヤレス・コード
マイクの有無 有り
参考価格 4,999円

「KINGSTAR ノイズキャンセリング」は、安価ながらもワイヤレスとノイズキャンセリングを搭載したヘッドホンです。また、最長で22時間の連続使用が可能となっており、50mm大型ドライバーが強力でクリアなサウンドが味わえます。

 

8、ALIENWARE 7.1 AW510H

接続形式 ワイヤレス・コード
ワイヤレス範囲 最長20メートル
周波数特性 20 Hz~40 kHz
感度 87.5 dB
マイクの有無 有り
重量 370g
参考価格 9,980円

「ALIENWARE 7.1 AW510H」は、カスタム チューニングが施された20Hz~40KHzの広域を再生可能な50mm径ドライバーを搭載したヘッドセットです。

また、ノイズ キャンセル機能を備えたDiscordおよびTIA-920認定の伸縮式マイクで、はっきりと声を伝えられる設計となっています。

 

ヘッドセットの選び方

ヘッドセット選びのポイント

ヘッドセットを選ぶ際は以下のポイントを確認して購入しましょう。ヘッドセットによって特徴が違うので、ゲーム実況配信や歌い手の方は用途に合わせたヘッドセット選びが重要となります。

▼購入前に確認するポイント

  1. 接続形式
  2. ワイヤレス範囲
  3. 周波数特性
  4. 重量

接続形式

ヘッドセットを選ぶ時は、コードがあるタイプかコードの無いワイヤレス(コードレス)形式かをチェックしましょう。ワイヤレスタイプは、配信中でも飲み物を取りに行くときなど席から離れられるのでおすすめです。

ワイヤレス範囲

ワイヤレスヘッドセットを使用する場合は、電波が届く範囲も確認しておきましょう。ほとんどのヘッドホンが10~20メートルなので、家の広さや行動範囲で自分に合った物を選ぶ必要があります。

周波数特性

ヘッドセットの周波数特性は「Hz~kHz」と表記されており、「Hz(ヘルツ)」とは音を拾える音域幅の数値です。周波数特性が大きいほど高い音、小さいほど低い音を拾えるのでゲーム配信用だと「20Hz~20kHz」前後のタイプがおすすめです。

重量

ヘッドセットを購入する際は、重量も確認しておくと良いでしょう。重さはたった数百グラムの違いでも、長時間のプレイ配信などを行うと疲労が蓄積されるので400グラム以下の軽いものがおすすめです。

ヘッドセットの価格

ヘッドセットの価格は安いものは3,000円台からありますが、安いものだと雑音が入ったり長期間使用するとプツプツ音が切れたりします

購入するラインとしては、主にゲーム実況配信で使用するマイクの価格は、初心者が10,000円前後、中級者が10,000~30,000、上級者が30,000以上のマイクを選ぶのがおすすめです。

 

関連記事

実況配信機材

必要な機材一覧

ゲーム機本体

マイク

ヘッドセット

キャプチャーボード
 
モニター

パソコン

SSD・HDD

ウェブカメラ

キーボード

マウス

オーディオインターフェース

動画編集ソフト

コントローラー

ゲーミングチェア

ゲーミングデスク

マイクアーム

ケーブル

変換アダプタ

分配器

 

Bandicam

▶使い方と設定 ▶カクカクする時

 

ドネーション

Doneru登録手順
▶Doneru(どねる)登録方法 ▶手数料やチャージ方法

 

プラットフォーム

 

-配信機材・サイト
-, , , ,

ブックマークお願いします♪