記事検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors

ブログ開設・ネット情報

【WordPress】携帯やスマホのコピペ対策「画像・文章のコピーガードCSS」紹介|サイトのテキスト文字を盗用禁止にする方法

こちらの記事では、携帯やスマホの長押しで出来るテキストや画像のコピーガードするCSSコードを紹介しています。文章のコピペ盗用を防止したい方は、ぜひ参考にしてください。

コピーガードCSSコードの特徴

スマホのコピーを防止する

CSSコードを使うと、コピーガードプラグインで防げないスマホ(携帯)の長押しコピーを禁止することができます。PCでの右クリックも防ぎたい場合は、プラグインを導入してみましょう。

 

コピーガードCSSコード

記事全体のコピーガード

.entry-content {
user-select:none;
-moz-user-select:none;
-webkit-user-select:none;
-khtml-user-select:none;
}
.copyok {
user-select:all !important;
-moz-user-select:all !important;
-webkit-user-select:all !important;
-khtml-user-select:all !important;
}

上記のコピーガードCSSの「クリップボードにコピー」を押してコピーしてください。コピー後は無料テーマのCocoonや、有料テーマに搭載されている追加CSSに貼り付けると反映されます。

※大抵のテーマが外観の中にあるカスタマイズにあります。

 

一部をコピー可能にする方法

記事内のテキスト一部をコピー出来るようにしたい方は、使っているテーマに合わせて下記のコードを「テキスト部分」のサイドに貼り付けて下さい。

▼spanコード


<span class=”copyok”>テキスト</span>
 

▼divコード


<div class=”sp-danger copyok”>テキスト</div>
 

 

画像の右クリックとドラッグのガード


add_filter( 'wp_footer', function() { ?>
<script>
$(function() {
$('img').on('contextmenu oncopy', function() {
return false;
});
$('img').on('dragstart', function (e) {
e.stopPropagation();
e.preventDefault();
});
});
</script>
<?php });
 

画像のコピー(盗用)を防ぎたい場合は、上記のコードを</body>タグの直前に貼り付けましょう。

コピー防止は100%ではない

最後に、コピーガードは100%の確率で防ぐ事は出来ません。ソースコードを見れる方には、どのようなガードをしても中身が分かってしまうので、簡易なガード対策として割り切りましょう。

 


テキスト
 

 

関連記事

ネット情報の記事一覧

ブログ情報
ブログは稼げる?  
レンタルサーバー
人気のおすすめ
レンタルサーバー
SSL化 (https変更方法)
テーマ
おすすめのテーマ テーマ選び(ジャンル)
アフィリエイト広告
アフィリエイトASP 10選 Amazonアソシエイト
人気マッチングアプリ  
Google AdSense
アドセンス合格方法 アドセンス設置場所
運営者ID「pub」確認 ドメイン取得方法
クリック単価の施策  
Googleアナリティクス
複数サイト管理・削除 UAに戻す方法
プラグイン・CSS
コピーガード コピーガード

Visited 215 times, 1 visit(s) today


-ブログ開設・ネット情報
-, , ,

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検出しました!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカーなどの機能を無効にして「更新」をクリックして下さい。